忍者ブログ

森口事務所のブログ

事務代行・森口事務所の業務等に関すること 顧客様へのお知らせ
忍者ブログ [PR]
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2017:10/18/18:16  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2013:07/22/18:50  ++  部門別審査期間大幅逆転中

久しぶりに入国在留関係についてUPします.
昨年,永住許可申請に対する審査期間が長くなっていた事についてUPしましたが.今年春以降まったく逆の動きになっています.年初あたりに,就労審査部門の動きが云々といううわさを耳にしていましたが,この初夏に表面化.単純更新でさえ在留資格のみなし期間の制限一杯かかるケースも散見.認定証明書申請は恐ろしく長期化.
毎度のことですが,その状況がいつまで続くのは予見不可能.
現在のところ,永住部門のお客様には審査期間が短くなっているのは一時的現象と思う旨,就労審査部門のお客さんには数年前の厳しい時期より更に長くなっている,と伝えています.
他の行政庁に対する諸申請は標準処理期間が明確なのが当たり前となっているので,入国在留に関する申請の審査期間には本来決まったものはない点を説明するんですが,お客さんはなかなか納得できない様子.そりゃ,お客さんの立場にたって見ればそうだと重々承知ですが,如何ともしがたい.疲労が蓄積します.
PR

:2012:10/10/01:39  ++  入管申請:永住部門の審査期間長期化の状況やまず

 1昨年あたりから東京入国管理局の永住審査部門で日本人の配偶者等COEの不交付率が以上に高まり,ついで,永住審査部門への申請全般に審査期間の長期化がみられるようになった.今の状況,COEは4ヶ月以上当たり前なのである.
 どうしてそうなった?様々な要因が考えられるが,最近私が気にも留めていなかったある事が多大に影響しているらしい.永住審査部門のオーバーワークによる処理の遅れは『とあるブローカーか悪質行政書士かわからないが「永住資格は今後廃止される.申請するなら今のうち」と虚偽情報を流して営業活動し,これを滞在外国人が信じてしまったせいで永住許可申請が倍増したから』だというのだ.永住資格が無くなる云々のがせねたに関しては私のところにも1年前前後に多くの質問があり,そのたびに「永住資格をなくしたら,在留管理で役所はパンクするでしょ!99.99%ありえません」と断言してきたところで,最近はそんながせねたは立ち消えたと思っていたのだが,一部のよからぬ者のせいで未だに多大な影響が残っているのが実情.
 いずれは改善されるだろうが,まだ等分申請に時間がかかる状況は続きそうだ.

Phoenix経営研究所 森口行政書士事務所

:2012:09/30/20:10  ++  国籍別の審査基準の区別は無い!

 外国人の顧客との雑談の中で以前からよく「日本の石原知事は中国人が嫌いだから,入国・在留審査が他の国の人に比べ中国人に対して厳しくなっているのではないでしょうか?」との言葉をよく耳にしてきました.答えはいつも勿論否定です.そして,最近は中国人による日本領土への不法上陸問題もあったせいか,在留している中国籍の人たちはまた不安に思っているようですが,これも勿論関係ありませんね.
 そのような問題が起こったからといって正しい在留資格をもって在留し,社会の一員として平和に生活している人を攻撃するような姿勢は日本では考えられないからです(ごくごく一部に凶暴な行動に出る者がいたとして,それは日本人の仮面をかぶった○○でしょうね).
 もっとも,中国に限らずアジア圏の国の人々が持ち込む書類・証書類については,北米・西欧に対するような信用が無いのは今に始まったことではないといえます.審査の基準を変えなくても,審査する者が確りと調査をすればどうなるか.理由にならないような理由で不許可を喰らってきた人々からすれば,それで真実が発見されて結構なことと再申請に希望が持てるともいえますが.大概の人からすると,申請の労力増加に,そして悪質な人は去るべきとなるでしょう.とはいえ,景気低迷の中,このままの経済状態で推移すると日本国民にとって来てほしいような人は年々来日者数減少となるのでしょうが,古来より貿易で立国してきた日本が,物の出入だけはそのままにして人の出入を絞り込むということは考え難いところです.
 我々としては平常どおりの方針で仕事に臨むだけです.

 なお,私見は石原都知事は多くの政治家に比べ傑出した能力者と思いますし,氏の言は概ね正鵠を得ていると感じています.

Phoenix経営研究所 森口行政書士事務所